大仏くんと行こう!
春太郎からの贈り物、大仏(ぶっちゃん)&黒潮(しおちゃん)! 春太郎家の第三章がはじまりました。 ほのぼの行こうねっ! ぶっちゃんと…

プロフィール

はるたいちょー

Author:はるたいちょー
春太郎が虹の橋を渡る1日前に生まれ奈良からやって来た大仏。
たいちょーと誕生日が同じな黒潮が房総からやって来ました。
春太郎家のブヒライフの第3章のはじまりです。
ぶっちゃん、しおちゃん元気で楽しい日々を送ろうね!
凸凸コンビのたいちょー&ぶっちゃん♪
凹凹コンビの副隊長&しおちゃん♪ です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日常 (580)
遊び (275)
ご飯・おやつ (88)
しつけ (63)
狼藉 (109)
兄貴はツラいよシリーズ (6)
おバカシリーズ (18)
ファッション・コスプレ (75)
お友達 (190)
おでかけ (105)
「わからない…」シリーズ (16)
イベント (62)
隊長 (198)
副隊長・おとぴん・おかぴん (27)
はるぴん (27)
初めてシリーズ (20)
病気・病院 (128)
しおちゃん (42)
しおちゃん 初めてシリーズ (5)
(0)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

script*KT*

セカンドオピニオンって大事です
どこか痛いのと同じくらい
苦痛にちがいない
「安静」 を
強いられているぶちは、
だんだん 元のぶちに戻っております。

今回は、夜間診療所の先生からの
今までされた事のなかった
新たな指摘を2つ頂いたので
これについて書いていきます。

という事でっ、

診察台にぶちが上がって
先生の第一声が
「何か体重制限していますか?」でした。

想定外の質問でしたが
「特にしていません」 と答えると

「ナゼそんな事を聞いたかというと
 これはフレンチブルドックという
 犬種だから言うんですが
 後ろ足の筋肉が細いことと
 臀部の骨…
  こことここ(写真⇒)が

IMG_5531 (1)


 触ってもわかりますよね?
 普通、フレンチであれば
 触っても骨がわからないコが
 殆どなんですけどね」 との事。

私も触ってみると
確かに骨に指が当たります。



IMG_3879.jpg


ぶちの後足は
フレンチブルドックとしては
筋肉が細い。
それは 体質的なものかもしれない。

ただ、こういう事が原因で今回の様な
症状が出る事も考えらる。

例えば 人間でいう腰痛持ちの人が
気候の変化などで症状が出てしまうように
今、変調をきたしているかもしれない。

そして、腰痛持ちの人が腰をかばうように
この子の中では、日々の動きを
セーブしているとこがあるのかも…?
こういうケースはボストンテリアなどに多いそうです。

日々のあの過激な動きで、
ヤツが動きをセーブしているとは
にわかには思えませんが…

フレンチブルドックとして
大腿部が細いというのは納得です。

因みにしおちゃんと比べてみると

しおちゃんの後足

IMG_6634_20150223140125727.jpg


ぶっちゃんの後足

IMG_9448.jpg


確かに
ぶちの腰回りから太ももにかけては
しおちゃんと比べたら貧弱です。

だからといって
俄かに筋肉をつける事は難しい。
即効性はないがサプリメントなども
ひとつの方法かもしれないとの事。
(現在鮫パウダーはやっているのですが…)

今まで、ぶちに限っては
ブヒっぽくはないものの
「足が長いアスリート系ブヒ
なんて言ってましたが
フレンチブルドックとして生まれてきたら
やっぱり 短足でもいい ガニ股でもいい
ガッシリしていなくっちゃいけなかったのでした…

その点、
ブリーダーさんからは、
ショータイプな体型と言われていた
しおちゃーん
今まで短足をバカにしててゴメンよぉ


そして2つ目の指摘

レントゲンを診ると

フレンチは多かれ少なかれ
背骨に問題を抱えている子が多いが、

ぶちも胸椎の骨の並びに
不揃いのところがあるので
今後 注意していった方がいいとの事。



IMG_4506.jpg



軽い腰椎ヘルニアをやってから
腰ばかり用心していましたが
胸椎にも注意しなければいけなとは…
(といっても 今 どうこうしかければ
 ならないというものではないようですが…)

いやいや~
これは、主治医からは言われた事が
なかったので、ビックリでした。


主治医は、ぶちとの付き合いも長く
性格や既往症も理解しての
いろいろな処置やアドバイスを貰えます。

一方、今回のように突発の発症で
ぶちの事前情報がない中で診てもらい
主治医とは違う視点でのアドバイスを貰えました。

今回の場合
「一つの症状について主治医と違う医師の
意見をもらう」 という
本来のセカンドオピニオンとは違いますが、
これから生活していく上で新たな視点を得て
セカンドオピニオンの重要性を実感しました。


そして
医師からの共通の注意事項は
やはり いつも指摘される
「飛び乗り・飛び下りの禁止」

これが一番難しいんですよね…

上下の過激が動きが一番悪いそうです。

今回 正しい抱っこの仕方も
教えてもらいました。

「人間の赤ちゃんを
抱っこする様にしてはダメで
常に床と並行になるように
お尻を支えるようにする」


いんやぁ~
11キロのコヤツをこの姿勢で抱っこして
二階まで上がるのは結構大変です

んがぁ~
ここは 前向きに行くぞぉー

ってことで、
毎晩 二階に行く前に
この姿勢で
ダンベルスクワット10回


やってやろーじゃないのっ


IMG_5457.jpg



まぁ~
いろいろありますフレンチブルドック

ちょっとでも「アレ?」と思った時は
即行動
これが大事ですね。

ご心配をおかけしておりますが
ぶちは、すっかり本調子に戻っております





フレンチブルドックひろば~
今年も、ポチッといっぱつ 
お願いします。
ココです ココです ↓ ↓


006_20150203112421abe.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村







スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 大仏くんと行こう! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.