大仏くんと行こう!
春太郎からの贈り物、大仏(ぶっちゃん)&黒潮(しおちゃん)! 春太郎家の第三章がはじまりました。 ほのぼの行こうねっ! ぶっちゃんと…

プロフィール

はるたいちょー

Author:はるたいちょー
春太郎が虹の橋を渡る1日前に生まれ奈良からやって来た大仏。
たいちょーと誕生日が同じな黒潮が房総からやって来ました。
春太郎家のブヒライフの第3章のはじまりです。
ぶっちゃん、しおちゃん元気で楽しい日々を送ろうね!
凸凸コンビのたいちょー&ぶっちゃん♪
凹凹コンビの副隊長&しおちゃん♪ です。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
日常 (561)
遊び (273)
ご飯・おやつ (84)
しつけ (62)
狼藉 (108)
兄貴はツラいよシリーズ (5)
おバカシリーズ (17)
ファッション・コスプレ (72)
お友達 (184)
おでかけ (105)
「わからない…」シリーズ (16)
イベント (62)
隊長 (195)
副隊長・おとぴん・おかぴん (27)
はるぴん (27)
初めてシリーズ (20)
病気・病院 (122)
しおちゃん (42)
しおちゃん 初めてシリーズ (5)
(0)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

フリーエリア

script*KT*

「ノーリード」について考えた…
ドタバタ
アホアホが続いたので
(って、いつもだ…

今回は、数日前遭遇した事について
ちょっとマジメに書いてみます。

先日、朝出勤しようとした時の事。

6時過ぎ 車を土手を通って
道路に出そうとすると
土手から男性と大型犬3匹がやってきました。

先に通ってもらおうと待つと…

近づいてきた男性と犬をよく見ると
1匹はリードを男性の腰に巻きつけて
あとの2匹はノーリード

ノーリードの2匹は時々土手下に
降りたり 遊び(?)ながら進んできます。

我が目を疑った瞬間でした。

そして、その一人と三匹は
私の車の前を悠々と横切り
橋を渡り、
対岸の土手へ~

丁度、橋で遭遇した
小型犬と散歩をしていた女性は
犬を抱きかかえ、
反対側の土手に避難して行きました。

この状況…
ぶちしおと散歩している時だったらと…
想像しただけでも、恐怖です。

恐らく ノーリードの男性は、
「いつもの事で、朝は人もいないし
自分の犬は絶対に自分から離れないし
誰にも迷惑をかけていない」
と、思っているのでしょう。

なんの根拠もない自信?
言い換えれば
自分の犬に限っては
何があっても自分がいれば
言う事はきくから大丈夫と
「勝手に思い込んでいる」
んではないでしょうか。


土手から突然鳥や猫が現れたり
人間や犬の散歩だってしています。
車だって通ります。

そんな突発な事が起こった時
あなたの犬がどうかなるか?
想像しないのでしょうか?

例えば 人を噛んでしまったとしたら
噛まれた人ばかりではなく
噛んでしまった犬も不幸になります。
その不幸は犬のせいではなく
ノーリードにした飼い主に責任が
あることは明らかです。

これは大型犬だけに言える事ではなく
小さい犬であっても
突然 道路に飛び出さない保障はないのです。
その時 もし車が来て周りの人を巻き込む
事故になる可能性だってあります。
そうなれば、犬の不幸だけではなくなります。



097_20150221104125864.jpg




それよりなにより
我が神奈川県では
「動物保護管理条例」で下記のように制定されています。

第18条 犬の飼養者は、飼い犬を係留しておかなければならない。
ただし、次に掲げる場合は、この限りではない。

(1) 警察犬、種猟犬、盲導犬その他の使役犬をその目的のために使用するとき。

(2) 人の生命、身体又は財産に対し階を加えるおそれのない場所
   又は方法で飼い犬を訓練し、又は移動させるとき。

(3) 飼い犬を制御できる者が、飼い犬を丈夫な綱、鎖等でつないで運動させるとき。

(4) 飼い犬を展覧会、競技会その他これらに類する催しに出場させるとき。


解釈は人それぞれあるのでしょうが、
法律や条例がある事を周知させる事も重要です。

ですが、
そんな難しい事よりも…

私は、以前 躾の先生から

「リードは犬と飼い主を
 繋いでいるもので
 リードは飼い主の手の延長」


と、お聞きした記憶があります。


117_20150221104127481.jpg



そう思えば、
リードは決して犬を縛りつけているものではなく
親が子供と手を繋いで
安全に散歩をする為の愛情行為。

そして、犬とのコミュニケーションを
取る為の重要なツールです。

例えば 犬にダメな事を教えるときも
リードを引けば犬は「ダメ」なことを理解します
(あ、理解しないコが身近にいますが…

「ノーリードで散歩をする事は
 犬に自由を与えている訳でなく
 犬を危険に晒している」


という事ではないでしょうか。

長々と書き綴ってしまいましたが…

「ノーリードで一番不幸になるのは
 その犬なんじゃないかな~」


と、思う次第です。

ま、ウチには
本来の「ノーリードがいけない」 とは
違う意味で対極なオトコがいますけど…


135_20150221104128994.jpg


文句
ない
ない





読んで下さっている方を身近に感じて
励みになって感謝しております

フレンチブルドックひろば~
今年も、ポチッといっぱつ 
お願いします。
ココです ココです ↓ ↓


006_20150203112421abe.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
にほんブログ村

スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 大仏くんと行こう! all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.